未経験でもなんとかなるぜ、目指せ年収1千万!未経験からでも自分の努力次第でネットワークエンジニアでの成功は間違いなく可能です。恐れずに最初の一歩を踏み出そう!

ネットワークエンジニアの転職

記事一覧

時代は変わる・・・

投稿日:

ご無沙汰しております、当サイトのメンテをいい加減しないといけないと思いつつ、さっぱり出来ておりません。
色々なところに問題があることはわかっているのですが、転職活動とかプライベートにも色々あって、前厄ってこんなに問題発生するの???って感じです。

本厄になったら、死んじゃうんじゃないの?ってくらい、今年はいろいろあってまいっちんぐです。

最近思うことと私の転職活動状況なんかもちょっと書こうかなって思っています。
いつもの通りグダグダになるかと思いますが…

Fintechってなんぞや?

金融業界で仕事していますが、Fintechについてはあまり関わることがなくて、どんなもんなんだろうと気にはしていても全然内容は知らないままでした。

実は転職活動中にFintechの会社を紹介されて、面接に行ってきたのですがその会社が扱っている商品が面白くて俄然色々調べ始めました。

銀行間振込にFintechの波

通常、日本の金融機関間の内国為替決済には全銀ネットワークを使います。
現行では全銀につながっていないと金融機関間の振込ができなくなるわけで、事実上、お金のやり取りができなくなります。

銀行、証券、保険、ありとあらゆる金融機関が全銀様のネットワークにつなげているのですが、ブロックチェーンでこの銀行間振込を実現させようという動きがあるわけです。

となると、全銀様ネットワークがいらなくなるということになるわけですが、はてさてどうなりますか。
全銀様ネットワークはNTTデータが構築・運用していますので、データ様は大打撃ですね。

金融業界におけるNTTデータビジネス

個人的にはNTTデータは金融業界の必須サービスを提供するシステムを牛耳っていて、かなりむかついています。
全銀だけでなく、CAFIS、でんさい、統合ATMと、これだけで十分甘い汁を吸えるわけです。

これらがFintechにより接続必須でなくなれば、NTTデータはきっと困るだろうなぁと。
それはそれでちょっと面白そうです。

押し寄せるクラウド化の波

AWS、Azure、Office365、Salesforceなど、PaaSやSaaSの勢いが半端ないですね。
だんだん自社でデータセンターを持つことがなくなっていきますね。

となると、せいぜいオフィスにスイッチと回線収容するためのルータとあとは無線導入くらいになってきちゃうかもですね、ユーザ側だと。
クラウド業者側は鬼のようにデバイス買って導入していると思いますが、全体的に出荷台数は減っていきそうな気がします。

ユーザ側もとりあえずインターネットに繋げておけばあとは何とかなるという時代がくると、今後の働き方については考えていかないといけないかもしれません。

クラウド側はまだまだ人はほしいという感じですかね。

もうみずほ銀行はリリースできないんじゃないだろうか(笑)

昨年末にスケジュールの延期をしたみずほ銀行、ぞくにいう20万人案件ですが、これはほんといつリリースできるんだろうなぁ(笑)
金融庁から人が派遣されて、毎日現場に常駐しているという噂も入ってきていて、相当厳しい状況になっていると思われます。

すでに6000億投入しているという話もあり、引くに引けない状況でどうなるのか気になって仕方ありません。
君子危うきに近寄らずということで、みずほ関連の会社とか案件は出来れば近寄らない方が良いんじゃないか感、満載です。

私の転職活動状況

先日、会議でぶっ殺すぞという言葉が響き渡る素敵な会社で仕事をしているわけですが、色々思うことがあって転職活動開始したというのは前回に書いた通り。

お金大好き魔人なので、給料最優先で探していますが、なかなかこれが難しいですね。
いま、そこそこの金額をもらっているので、維持だけでもなかなか大変。

先日もですね、内定いただいたんですよ。
でも、どう頑張っても現職より200万下がる金額の提示しかできないといわれると、さすがに断るしかなくてですね。
あ、でも、提示された金額は一般的な企業からするとかなり高い方だと思いますよ。

仕事の内容とか面接官の印象とか、すべて本当に良かったのだけど、待遇が…
だったら今のところで働けばいいじゃんって言われると、その通りで返す言葉もないんだけど、もう少し平和な職場でかつお給料がもらえた方がいいじゃない(笑)

最悪、今のところで我慢汁、違った、我慢するというのもあるので、焦らず騒がず色々見てみたいと思っています。
結局残るとなったら、それはそれで仕方ない。

とはいえ、40歳目前でも内定をもらえることは分かったし、Fintechの例で書いたけど色々活動することによって見えてくることもあるし、
やってみてよかったなぁと思ってます。
40でも転職はできそうだってわかっただけでも、意味があったと思っています。

PC

PC

エンジニアが登録しておくべき転職エージェント

転職ならDODA(デューダ)!

DODAは日本最大級の転職エージェント。

非公開求人は掘り出し物の案件も多数。
候補者と案件をシステマティックに結びつけている感はあるけど、転職業界最大手の圧倒的非公開求人数が魅力的すぎる。

とりあえず転職のはじめの一歩はDODAから。

IT業界特化型【WORKPORT】

非公開求人数ではDODAに及ばない感があるものの、IT・インターネット・ゲーム業界に特化している点に注目。

特化型ゆえにその業界に太いパイプがあり、担当エージェントのスキルやナレッジもIT・インターネット分野に秀でているのが良い感じ。
他の転職エージェントにイマイチ感を感じているのなら、次の選択肢としてワークポートを視野に入れてみると良いかもしれない。

あなどっちゃいけないパソナキャリア

パソナキャリアのポリシーは『正しい転職』の提案。

DODAやリクナビでありがちな、候補者と案件をシステム的に対応するようなことはせず、エージェントが候補者の経験を考慮したうえで希望もしっかり汲み取ってくれるのがありがたい。

-記事一覧

Copyright© ネットワークエンジニアの転職 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.