未経験でもなんとかなるぜ、目指せ年収1千万!未経験からでも自分の努力次第でネットワークエンジニアでの成功は間違いなく可能です。恐れずに最初の一歩を踏み出そう!

ネットワークエンジニアの転職

未経験の人に読んでほしいコラム 読者様からのFAQ

高齢未経験からネットワークエンジニアのキャリアアップについて

更新日:

なんと今回は女性の読者様(S様)からお問い合わせを頂きました。

件名は

高齢未経験からネットワークエンジニアのキャリアアップについて

という物です。

S様問合せ

S様のプロフィール

S様は、女性で現在26歳との事です。
26歳で高齢とは私は思わないのですが、ご本人としては高齢だと捉えているようです。

ちなみに私は社会人として働き始めたのは23歳ですが、ネットワーク関連の仕事を始めたのは25歳の時だったと思います。
たった1年の違いですし、私は当時自分の事を高齢とは思っていなかったのですが・・・

S様は内臓関係の疾病により入院されていたことと、業界未経験だけども実力で勝負できるIT業界で頑張っていきたいとの事です。
CCNA取得を目指して頑張られているとの事です。

高齢未経験からネットワークエンジニアのキャリアアップ

S様の問合せの内容は以下です。

無事就職できたら、転職によるキャリアアップをしていく予定ですが、転職回数・勤務年数によるマイナスイメージの目安はどの程度なのでしょうか?
年齢のこともあり、出来れば早く構築、設計、提案というキャリアを積みたいが、焦って短期間(1~2年?)で転職してしまうと、長期的に考えると不利になると思われます。

しかし、定石通りに3年(監視/運用)→3年(構築)→3年(設計)というキャリアの積み方をしていると、もはや年齢で弾かれてしまい、短期間で転職をするよりもチャンスが無くなるのではないか・・という不安もあります。

チャンスがあれば勤務年数が短期間であろうと上流工程へ転職をするルートか、石の上にも2~3年ルートか、管理人様が同じ立場ならどういうプランを描きますか?

転職回数と勤務年数については気にする企業も多い!

ここでも書いているのですが、やはりコンサバ(保守的)なThe・日本企業というところは転職回数や勤務年数を気にする所も多いです。

ネットワークエンジニアの転職活動 その1

つねに良いと思われる案件がないか転職エージェントの情報にはアンテナを高く張っています。 その中で、読者の人にもおすすめできる案件をshareしたいと思います。 案件内容のなかでどの部分に魅力を感じてい ...

続きを見る

エージェントにもよりますが、その部分をはっきり指摘してくるエージェントもいます。
私はそういった事をはっきり言ってくれるエージェントが好きです。

彼らも人材を送り込んで転職してもらう事によりお金を稼いでいますので、とりあえず書類を提出させてなんとか人を送り込もうと考えるエージェントも多いです。
そのようなエージェントに当たったら、さっさと替えてもらいましょう。

話が逸れましたが、転職回数や勤務年数は日系の企業では気にする所が多いです。
なんだかんだで、終身雇用の感覚が多かれ少なかれ残っている感じでしょうか

逆にベンチャー的な風土をもつ会社や外資などは、そこら辺を気にしません。
S様の返事には以下のように書きました。

> 転職回数・勤務年数によるマイナスイメージの目安はどの程度なのでしょうか?

こちらについては日系企業と外資系企業で大きく異なります。
外資というか、海外では転職をしながらキャリアを上げていくというのはごく一般的な事です。

アメリカでは仕事を辞めて、その間にMBAや何かしらの勉強をしてから再就職するという事なども一般的な事であり転職に関しても普通の事という文化があるからです。

当然、外資系企業はその流れを汲んでいるので、転職回数で判断される事はあまりないです。
3ヶ月単位で転職となるとさすがに問題ですが、2年、3年というスパンならまず問題ないというのが私の見解です。

一方、日本企業は逆になります。
私のように転職回数が多いと(30後半で転職3回で現在4社目)、定着が望めそうにないという理由で敬遠される事が多いのが正直なところです。

もし日本企業を考えているのであれば、運用と設計の両方を持っているような会社を狙うというのも一つの手です。
例えばKDDIエボルバのようなキャリア系(NTTとかソフトバンクとかいわゆるネットワーク企業)を狙ってみてはいかがでしょうか。

もうひとつの手としては最初は正社員を狙わず派遣企業で経験を積んで、最初は運用、次に構築の所に派遣してもらうという手です。
運用で2年、構築で2年で会社が変わっていたとしても、所属した企業は1社です。

ただ、派遣という事でリスクがあると言えばありますが、単価は高い傾向にあります。
⇒最近はネットワークエンジニアもコモディティ化が進んでいて、単なる派遣だと厳しいです。
ますます最初に選ぶ会社が大事になってきていると思います。

私よりもはるかに高スキルのcoolさん(業界では超有名サイトの管理人さん)の意見も参考にされてみてはいかがでしょうか。
http://www.infraexpert.com/info/network9.html

また構築の過程で設計の知識も蓄えられる事も多々ありますから、構築から設計にいくのに転職は考えなくても良いかもしれないですね。
最後は、給料を上げる等の待遇改善のために転職する方が有益かも知れません。

ネットワークエンジニアというもの

このブログでも何回か言っていると思うのですが、ネットワークエンジニアというのは中々に魅力がある仕事です。
でも大変な事もやはりあります。

S様がネットワークエンジニアになって後悔してもらいたくなので、
あえて以下のこともメールには書かせて頂きました。

ネットワークエンジニアという仕事はそれなりに大変な事があるのは事実です。
これは正直否定できません。

夜勤がある職場で働いた事もありますし、徹夜もそれこそ何回も経験があります。

ただ、自分のスキル次第である程度高い収入が見込めるのも事実です。
私のような高卒でも年収900万以上という給料がもらえている事実も、その事を物語っていると思います。

それにどの職種でも楽に稼げる仕事なんで中々ないです。
どの業界の人も、自分なりに努力してスキルを上げて、信頼や売り上げなどを得ながら闘っているのです。

私が思うネットワークエンジニアという仕事の魅力というのは、学歴も性別も関係なく、スキルとコミュニケーション能力で勝負できる仕事だからです。

S様が、自己研鑽を怠らず、周りの人の信頼を得る事が出来るようになれば、自然と転職も収入もある程度のレベルで叶うようになるのと私は信じています。

日系と外資ではかなり違う

今回、S様には日系企業への就職を前提に返事を書かせてもらいました。
英語をそれほど苦にせず、外資系でもよいのであればまたプランも違ってくると思います。

2年単位で転職というのも外資であれば受け入れられる事も多いからです。
S様がおっしゃっていたように、運用で2年、設計・構築で2年、その後さらに上流の提案というのもありでしょう。

またベンダー側なのか企業のシステム担当なのかによっても変わってきます。
ベンダーだと提案能力は相当大事ですが、企業のシステム担当だと提案能力はそこまで求められず、どちらかというとサーバ等の他の分野の知識があったほうが重宝されるはずです。

この部分をS様のメールでは書きそびれてしまったので、ここであらためて記載させて頂きました。

ざっくりとしたまとめ

転職回数と勤務年数って大事なの?

気にする企業は多い。
ベンチャーや外資系は気にしない所もあるので、どのような企業に就職を考えているかが焦点。

同じ立場ならどういうプランを描きますか?

私なら外資かキャリア系を狙います。
ただ、外資は経験を求められる事が多いので、一発目は厳しいかもしれません。

キャリア系は運用と設計の双方を持っているので、部署異動により設計に進める可能性があります。
同様にネットワンシステムズやCTCT、ネットマークス、ユニアデックスといったシスコの売り上げ上位のベンダーも良いでしょう。

そういった所に派遣してくれるような企業であれば、最初は正社員じゃなくてもいいのではないかと思います。

余談ですが・・・

経験をある程度積んだ後に、高い給料を目指すならやはり英語をある程度のレベルにして外資系金融が個人的におすすめです。
なんだかんだいっても、待遇が良いからですね。
その分、ある程度のスキルがないとさくっと放出されるので、その点だけは注意です。

PC

PC

エンジニアが登録しておくべき転職エージェント

転職ならDODA(デューダ)!

DODAは日本最大級の転職エージェント。

非公開求人は掘り出し物の案件も多数。
候補者と案件をシステマティックに結びつけている感はあるけど、転職業界最大手の圧倒的非公開求人数が魅力的すぎる。

とりあえず転職のはじめの一歩はDODAから。

IT業界特化型【WORKPORT】

非公開求人数ではDODAに及ばない感があるものの、IT・インターネット・ゲーム業界に特化している点に注目。

特化型ゆえにその業界に太いパイプがあり、担当エージェントのスキルやナレッジもIT・インターネット分野に秀でているのが良い感じ。
他の転職エージェントにイマイチ感を感じているのなら、次の選択肢としてワークポートを視野に入れてみると良いかもしれない。

あなどっちゃいけないパソナキャリア

パソナキャリアのポリシーは『正しい転職』の提案。

DODAやリクナビでありがちな、候補者と案件をシステム的に対応するようなことはせず、エージェントが候補者の経験を考慮したうえで希望もしっかり汲み取ってくれるのがありがたい。

-未経験の人に読んでほしいコラム, 読者様からのFAQ

Copyright© ネットワークエンジニアの転職 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.